ソフトウェア使用許諾書

この契約書は株式会社クロスアビリティ(以下、「甲」といいます。)が提供するソフトウェアの使用について、使用頂くお客様(以下、「乙」といいます。)に対して 次のとおり非譲渡性、非独占の使用権を許諾する条件を定めたものです。本ソフトウェア製品(第1条定義に規定)をインストール、複製又は使用することによってお客様は本契約書の条項に拘束されることを承認されたものとします。


(定義)

第1条 甲が提供するソフトウェア製品(以下、「本ソフトウェア製品」という。)とは、 提供された圧縮ファイルに含まれるコンピュータ・プログラム、ドキュメント及び その他全てのファイル類を指し、甲が指定する特定のサービスを通じて提供 される可能性のある本ソフトウェア製品の改良版を含みます。

2「使用」とは本ソフトウェア製品をコンピュータの記憶装置又はメモリーに搭載 し、またはCPUで実行することを指します。

3「インストール」とは、本ソフトウェア製品をハードディスクドライブ又は 同類 の保管装置に実行可能な形態でコピーすることを指します。


(知的財産権および所有権)

第2条 甲は、オリジナル若しくはコピーの形態又は媒体に拘わらず、本ソフトウエ ア製品を記録する媒体、およびその後に作成された全ての本ソフトウェア製 品のコピーについて著作権を含む一切の知的財産権および所有権を保持し、 甲は、乙に対し本ソフトウェア製品に対するいかなる権利も譲渡しません。


(使用許諾条件)

第3条 乙は本ソフトウェア製品の全部又は一部をコンピュータにインストールし、 本ソフトウェア製品を使用することができます。


(禁止事項)

第4条 乙は第三者に対し、いかなる理由によろうとも甲の文書による事前の承諾な くして、本ソフトウェア製品の全部又は一部の譲渡・販売・転貸あるいはその 二次的著作物を創作・譲渡・販売・転貸することはできないものとします。

2 乙は、自ら又は第三者を使って、本ソフトウェア製品の全部又は一部の改変、 リバースエンジニアリング、逆アセンブル、デコンパイル、翻訳、翻案などを 行うことはできません。

3 乙は本ソフトウェア製品に表示されているか又はその動作時に表示される 著作権表示、商標登録等を除去したり、視認困難にすることはできません。

4 乙は、本ソフトウェア製品に含まれるマニュアルを、甲の事前承認なく紙媒 体、電子媒体の区別なくコピーすることはできません。

5 乙は、万一、本条項のいずれかの規定に違反して甲に損害を生ぜしめた場 合には、乙は賠償の責に任ずるものとします。


(保証範囲及び責任)

第5条 甲は、本ソフトウェア製品が乙の保有する動作環境において、全て正常に 動作することを保証するものではありません。

2 甲は、本ソフトウェア製品の仕様を予告なしに変更することがあり、本ソフト ウエア製品の機能、性能及び品質が乙の特定目的に適合することを、明示 たると黙示たるとを問わず何らの保証もしないものとします。

3 甲は、甲の販売代理店および小売店が行う保証を含めて、本契約に定める 以外の全ての保証をしないものとします。

4 甲は乙が本ソフトウェア製品を使用した結果被ったいかなる損害(収入ま たは利益の逸失を含む)に関して、一切の責任を負わないものとします。


(契約期間)

第6条 本契約は、乙が本ソフトウェア製品をインストールした日から発効するもの とします。

2 乙は乙の入手した本ソフトウェア製品とその複製とを破棄することにより本 契約をいつでも 解約することができます。

3 甲は、乙が本契約のいずれかの条項に違反していると甲が判断した場合、 乙への事前の通知なしに本契約を解除することができます。 乙は甲から 契約解除の通知を受けた場合、直ちに本ソフトウェア製品とそのコピーとを 自らの負担で破棄するものとし、破棄の事実を甲に文書で通知して下さい。


(管轄裁判所)

第7条 本契約書にかかわる紛争は、東京地方裁判所を管轄裁判所として解決す るものとします。

本契約書の条項に同意されない場合、甲は本ソフトウェア製品のインストール、複製又は 使用のいずれも許諾できません。