V8の主な新機能 2017/10 -

  • 64bitに対応
  • メインウインドウのOpenGLによる3D描画に対応
  • メインウインドウから直接キーワード設定、計算実行できるUIを追加
  • NWChem, Quantum ESPRESSOにおいてNudged Elastic Bandに対応
  • Gromacsにおいて連続ジョブ実行に対応
  • LAMMPSの熱伝導率計算機能を追加
  • LAMMPS, OpenMXキーワード設定においてPreset機能を追加
  • Quantum ESPRESSOのSCF、Bands、DOS計算の連続実行機能を追加
  • ナノクラスタ作成機能(結晶ビルダ)を追加
  • 結晶格子の自動変換とk点パスの自動設定に対応
  • BoltzTraPに対応
  • ハンセン溶解度パラメータの計算に対応
  • 界面ビルダ、スラブ作成機能を強化

V7の主な新機能 2016/10 - 2017/9

  • OpenMXインターフェースを追加
  • MODYLASインターフェースを追加
  • NAMDインターフェースを追加
  • DC-DFTBインターフェースを追加
  • Gromacsの簡易設定を追加
  • アモルファス構造の簡易構築に対応
  • 分子動力学計算による応答特性・非平衡物性計算に対応
  • 部分構造の拘束に対応
  • 分子のコピー/カット/ペースト機能
  • 部分配向機能を追加
  • 分子の対称化機能を追加
  • GAMESS点群インプット作成支援機能を追加
  • フォノン計算に対応
  • 各種クラウドへのジョブ投入機能を追加
  • Bash on Windowsに対応(ベータ版)

V6の主な新機能 2015/10 - 2016/9

  • Quantum ESPRESSOインターフェースを追加
  • FDMNESインターフェースを追加
  • Gaussian、GAMESS、NWChemの簡易設定
  • 3Dプリンタ用データ出力機能を追加
  • エネルギー表示法およびBennett Acceptance Ratio法による自由エネルギー計算に対応
  • 結晶ビルダを追加
  • 固体表面の切り出し機能を追加
  • 真空層挿入機能を追加
  • RESP電荷算出に対応
  • Effective Screening Medium法による外部電場下での第一原理計算に対応
  • XAFSスペクトル計算機能を追加

V5の主な新機能 2014/10 - 2015/9

  • LAMMPSインターフェースを追加
  • Dreiding力場の自動アサインに対応
  • 配座探索機能を追加
  • 点群解析機能を追加
  • SMILESによる分子構造の入力機能を追加
  • ポリマー系作成機能を追加
  • 界面系作成機能を追加

V4の主な新機能 2013/10 - 2014/9

  • NWChemインターフェースを追加
  • Gromacsインターフェースを追加
  • Amberインターフェースを追加
  • acpypeを用いたGAFF力場の自動アサインに対応