サイト内検索

新機能

Winmostar V11新機能・改良点

合計155点以上の変更点があり、ここでは一部を紹介しています。詳細は更新履歴を参照してください。

Winmostar V10から移行するユーザは、移行ガイドも参照してください。

Winmostar V9以前のユーザは、各バージョンで追加された主な機能も参照してください。

ジョブ・ファイルの自動管理

関連するジョブに必要なファイルはプロジェクトとして一括管理され、V10以前の煩雑なファイル管理が不要となります。GAMESS、LAMMPS、Quantum ESPRESSO以外のソルバには順次対応予定です。

複数ジョブの連続実行

平衡化からの本計算のように、複数のジョブからなるシミュレーションを1回の操作で設定できるようになります。GAMESS、LAMMPS、Quantum ESPRESSO以外のソルバには順次対応予定です。

リモートジョブの操作性向上

ローカルジョブとの手順の統一化、リモートサーバの動作テスト、ファイルの自動転送などに対応しました。PBS以外のジョブスケジューラには順次対応予定です。

計算エラーの検出

ログファイルからのエラー内容の自動抽出により、不測の事態への対処を迅速に行えるようになりました。GAMESS、LAMMPS、Quantum ESPRESSO以外のソルバには順次対応予定です。

右クリックによる迅速な編集操作

ツールバーやメインメニューに行くことなく、分子表示エリア上で直接各種の編集操作を選択できるようになりました。

量子化学計算のキーワード追加

GAMESS、Gaussianで選択できる計算手法や溶媒効果などの種類を拡充しました。

Quantum ESPRESSOの設定補助機能

K点数や擬ポテンシャルなどを結晶の種類に極力依存しない形で設定できるようにしました。

AkaiKKRによる固溶体の高精度計算

KKR-CPA法に対応したAkaiKKRのGUIの搭載により、固溶体の高精度なDFT計算が可能となりました。

by