テレワーク支援期間につき無料トライアルを3か月に延長中

Winmostar(ウインモスター)は、量子化学計算、分子動力学計算、固体物理計算をマウス操作で実行するためのシミュレーションソフトウェアです。

V10無料移行キャンペーン実施中
(民間企業・官公庁限定)

V10の新機能をみる キャンペーン詳細をみる

テレワーク/在宅勤務支援キャンペーン実施中

キャンペーン詳細をみる

Winmostarでできること

マウス操作でシミュレーション

Winmostarを使えば、複雑な入力ファイルを手で作成する必要も、数万行以上ある出力ファイルから欲しいデータを目で探す必要もありません。

3ステップで結果を取得

1. 分子構造を作成
2. 条件を設定し実行
3. 結果を可視化・解析

材料開発を効率化

・業務品質と作業効率の向上
・作業ミスの低減
・候補材料のスクリーニング
・実験で観察しづらいものを可視化

特徴 01

低コストで導入可能

研究開発業務を加速する量子化学計算・分子動力学計算・固体物理計算技術を、
プランを適切に選択することで低コストで導入できます。

Winmostar 他社製品
ライセンス料 低価格 高額
インストール作業・研修 必要・レベルに応じ費用発生 ライセンス料に含まれる
計算のコンサルティング 必要・レベルに応じ費用発生 なし
大規模ジョブの実行 追加費用無し 並列数に応じてコストが上昇

特徴 02

充実したサポート

豊富な教材・講習会などの充実したサポートにより、
最前線の現場で求められる技術を短時間で習得することができます。

チュートリアル・教材

シミュレーションの初心者でも実施可能なチュートリアルが40種類以上無料で公開されています。

ハンズオン講習会

レベルや目的に合わせた様々なハンズオン講習会が用意されています。導入前の方向けの無料講習会もございます。

サポート

計算内容や原理に関する質問、インストール作業代行、コンサルティングなど様々なサポートが用意されています。

特徴 03

カスタマイズ可能

カスタマイズサービスにより、お客様の高度な要望を迅速に解決することができます。

個別カスタマイズサービス

モデリング機能の追加、GUIの変更、外部プログラムとの接続、シミュレーション結果の解析方法の追加などを行います。また、よく使う手順の”オートメーション化”により業務品質と作業効率が向上します。

事例1:物性の算出手順の自動化

LAMMPSを用いた分子動力学計算の計算結果から、ご指定の文献に掛かれた算出式を用いてイオン伝導度を算出するプログラムを作成しました。

事例2:ユーザの内製プログラムとの連携

ユーザが日頃使用している内製のプログラムをGUI上から操作できるようにし、またWinmostarの各種機能と連携できるようにしました。

特徴 04

幅広いソルバに対応

国内外で第一線の研究者に使われているシミュレーションソフトウェアに対応しています。

導入実績

Winmostarは、自動車・電機・エネルギー・資源・化学・機械・医薬品メーカー、研究機関・大学などに所属する
915ユーザ(シングルライセンス)、48機関(年間ライセンス)に導入されています。
(2019年12月27日現在)

by