6.9. QM ‣ NWChem メニュー

NWChemに関するメニューです。

NWChemを利用するためには別途NWChemをインストールする必要があります。 NWChemをインストールする方法は インストール に記載しています。

6.9.1. キーワード設定

NWChemの計算条件を設定します。設定後、すぐに計算を実行する場合は Run ボタン、一旦メインウィンドウに戻る場合は OK ボタンを押してください。

Run をクリックしたときの挙動は 実行 を参照してください。

Reset ボタンでデフォルトの状態に戻ります。

Easy Setup

簡易設定画面を表示します。

Use MPI

チェックを入れるとMPIを用います。 並列数はチェックボックスの横に入力します。

Basicタブ
Title

タイトルを指定します。

Basis

基底関数系を指定します。 cartesian/sphericalを選択します。 一部原子の例外をExceptionで指定します。

Task

計算手法(theory)と計算目的(operation)を指定します。

Charge

電荷を指定します。

DFT
Multiplicity

DFTのスピン多重度を指定します。

Exchange

DFTの交換関数を指定します。

Correlation

DFTの相関関数を指定します。

Disp

経験的分散力補正を指定します。

SCF
Multiplicity

SCFの多重度を指定します。

Wave Function

SCFの計算理論を指定します。

Property
Mulliken

Mulliken電荷を出力するか選択します。

Shielding

NMR計算を行うか選択します。

Dipole

ダイポールモーメントを出力するか選択します。

NEB/String タブ

TaskのOperationにnebかstringを指定したときに有効になります。

NBeads

ビーズの数を指定します。

KBeads

NEBのバネ定数を指定します。

MaxIter

最適化の最大繰り返し数を指定します。

StepSize

最適化のステップサイズを指定します。

NHist

準ニュートン法で使用するヒストリーの数を指定します。

Freeze1

ZTSで最初のビーズを固定するか設定します。

FreezeN

ZTSで最後のビーズを固定するか設定します。

Convergence

収束条件をloose/default/tightから選びます。

XYZ_Path

初期パスのファイルを指定します。計算のリスタートなどで使用します。

Print_Shift

指定したステップ毎にパスを出力します。

EndGeom

最後のビーズの座標を指定します。 Loadボタンでファイルを指定して読み込めます。 Winmostarで読み込めるフォーマットをXYZ形式で読み込みます。 また、Editボタンで編集することができます。

Advanced タブ
Memory

メモリ使用量を指定します。

Set tolguess

initial guessの精度を指定します。

ECP

ECPのポテンシャルを指定します。

Geometry
noautoz

内部座標の変換を行わないように設定します。

Other Settings

その他の入力要素を記述します。

Coordinate format

原子座標の形式(CartesianもしくはZ-matrix)を指定します。

Reset

設定をリセットします。

Import

設定ファイルを読み込みます。

Export

設定ファイルを出力します。

6.9.2. キーワード読み込み

既存のNWChemの入力ファイルから、キーワード(計算条件)のみを読み込みます。

6.9.3. 実行

メインウィンドウでNWChemの入力ファイルが開かれている場合は、そのファイルを使ってNWChemを実行します。 開かれていない場合は、NWChemの入力ファイルを保存した上でNWChemを実行します。

NWChemのプログラムパスは、 ツール ‣ 環境設定 ‣ プログラムパス で変更することができます。

実行に伴い以下のファイルが生成されます。 例として入力ファイルが water.nw の時のファイル/フォルダ名を併記しています。

種類

説明

outファイル
water.out

計算のログファイルです。

movecsファイル
water.movecs

計算の詳細情報をまとめたファイルです。

batファイル
water.bat

NWChemを実行するためのバッチファイルです。

作業フォルダ
water_nw_tmp\
作業フォルダです。

ジョブは Winmostar Job Manager を通じて実行されます。

6.9.4. ログを表示 (out)

outファイルをテキストエディタで開きます。

6.9.5. アニメーション

6.9.5.1. 構造最適化

outファイルの情報から構造最適化等のアニメーションを作成し表示します。

アニメーション表示の操作方法は Animation表示エリア を参照してください。

6.9.5.2. NEB/String

xyzファイルの情報からNEB, String計算のアニメーションを作成し表示します。

アニメーション表示の操作方法は Animation表示エリア を参照してください。

6.9.6. 結果解析

6.9.6.1. 分子軌道, 電荷

outファイルの情報から分子軌道, 電荷の情報を取得し表示します。

読み込まれた電荷の情報は 表示 ‣ ラベル/電荷 ‣ Mulliken電荷 などを選択することで分子表示エリアに表示することができます。

サブウィンドウの操作方法は Energy Level Diagramウィンドウ , Surface Setupウィンドウ を参照してください。

6.9.6.2. UV-Visスペクトル

outファイルの情報からUV-Visスペクトルを表示します。

サブウィンドウの操作方法は UV-Vis Spectrumウィンドウ を参照してください。

6.9.6.3. NMRスペクトル

outファイルの情報からNMRスペクトルを表示します。

サブウィンドウの操作方法は NMRウィンドウ を参照してください。

6.9.6.4. IR/ラマンスペクトル

outファイルの情報から振動スペクトル(IRまたはラマンスペクトル)を表示します。

RUNTYP=HESSIAN のoutファイルからIRスペクトルを読み込ませた後、続けて本メニューで RUNTYP=RAMAN のoutラマンスペクトルを読み込ませると、両方のスペクトルを同時にサブウィンドウに表示することができます。

サブウィンドウの操作方法は IR Spectrumウィンドウ を参照してください。